• アライフィットネス

3大栄養素の脂質について

最終更新: 5月20日

脂質について

三大栄養素の脂質は1グラムあたり9キロカロリーと三大栄養素の中でも最も高いエネルギーを得ることができます。 脂質は水に溶けずにエーテル、クロロホルムなどの有機溶媒に溶ける物質で、炭素水素酸素で構成されています。


脂質の役割

脂質は重要なエネルギー源だけでなく、ホルモンや細胞膜、核膜を構成したり、皮下脂肪として、臓器を保護したり、体を寒冷から守ったりする働きもあります。 また、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の吸収を促すなど重要な役割を担っています。


脂肪の種類

脂質を構成する主成分は脂肪酸と呼ばれ、大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けられます。


・飽和脂肪酸について

動物性食品に多く含まれ、常温で固体の脂質。摂り過ぎると血液中のLDL-C(悪玉)や中性脂肪を増やし、血液に粘度を出して心疾患のリスクを高める。  【多く含む食品】肉類の脂肪、バター、ラード、生クリーム・          ホイップクリーム、乳製品、チョコレート、          ケーキなど


・不飽和脂肪酸について

植物油や魚油・大豆油などに多く含まれ、主に常温で液体の脂質。 一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸、トランス脂肪酸が  ある。 一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸   血液中の余分な中性脂肪やコレステロールを減らし、血液を   サラサラにして血栓を防ぐ。特に青魚の油に多い多価不飽和   脂肪酸は心疾患のリスクを下げるとされている。   【多く含む食品】オリーブオイル、さんま、いわし、さば、           大豆油、紅花油、ごま油  ・トランス脂肪酸   常温で液体の植物油に水素を添加して工業的に製造された脂   質。LDL-C(悪玉)を増やすだけでなく、HDL(善玉)   コレステロール(以下HDL-C)を減らし、動脈硬化など   による心疾患のリスクを高める。   【多く含む食品】マーガリン、ファットスプレット、ショー           トニング、これらを使ったパン・ケーキ・           ファストフードの揚げ物、カップ麺やスナ           ック菓子、コーヒークリームなど





#ダイエット #脂質 #3大栄養素

145回の閲覧