• アライフィットネス

むくみにお悩みの方必見ですよ!

むくみでお悩みの方は多いと思います!

朝起きたら顔がパンパンに腫れ、仕事終わりに足を見ると太くなっている

女性は特にこの現象に悩んでいる方が多いと思われます。

むくみの原因

まず一つ目は「水分が関係している」

ちなみに人の身体は約60%が水分で出来ています。

その3分の2は「細胞内液」という細胞の中に含まれる水分で、残りは「細胞外液」いい、血液に含まれる水分や、細胞と細胞の間を満たしている水分です。

これらの水分は、細胞に栄養を送ったり、老廃物を除去する役割を担っています

このバランスが崩れて、細胞と細胞の間に水がたまり、異常に増加したのが「むくみ」です。

「むくみ」を引き起こす原因として挙げられるのが、まず血流の低下。デスクワークの人が、夕方になると脚がパンパンになるのは、下肢の筋肉を動かさなかったために、足の血流が低下してしまうためです。

①体のなかでも、どうして足がむくむの??

それは心臓から遠くにあるから。特にふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たして血液とともに水を全身に巡らせているのですが、『ずっと動かずにいる』と重力の影響で水分が下半身にたまってしまうからです。

『塩分の取り過ぎ』もむくみと深い関係があります。

外食やコンビニ食が続くと、必然的に塩分の摂取量が増えやすくなってしまいます。 体には、体内の塩分濃度を一定に保つという機能があります。

塩分をたくさん摂取すると、体の塩分濃度を薄めようと、体内に水分を溜め込むようになります。これが、塩分を多く摂るとむくんでしまう。

「一番顔のむくみやすい時は?」

「お酒を飲んだ翌朝!」と答える方が多いかと思います。 この現象が起こる原因は、血中のアルコール濃度が高くなると血管が拡張して、血管から水分が漏れ出すためです。

お酒を飲む時は味の濃い食事を一緒に摂ることが多く、塩分摂取が多くなります。

さらに、飲酒による利尿作用に加えて、アルコールの分解には水が必要なため、飲酒後には水分を欲します。

このため、排泄を上回る水分を摂取すると、さらなるむくみを増長することに。

女性の場合は、月経周期によるホルモンの関係で排卵後に分泌が増えるプロゲステロンという女性ホルモンの影響で、月経前の時期には体に水分をため込みやすくなり、むくみやすくなることもある。

むくみの予防策(まとめ)

○体を動かす

→普段から体の血行を良くしておくことがむくみ対策には有効です(特にあし)

○塩分を摂りすぎない

→加工食品は塩分が多いのでなるべく控える

自宅に常備する塩は、カリウムやマグネシウムも含む塩を選びましょう!

○塩分排出を助ける栄養素を摂る

忙しくて外食が多い方は必見!

利尿作用があり、塩分の排泄を助けるカリウムを多く含むウリ科の野菜である、すいかきゅうり、冬瓜のほか、あずき、バナナや柿などの果物や、血管を緩めるマグネシウムも含む海藻類なども摂りましょう。

○アルコールを飲みすぎない

→アルコールのむくみについては上記に書いてあります!

○弾性ストッキングを着用する

→ふくらはぎや足首を圧迫することで、足にたまりがちな血管やリンパ管を刺激して、血液やリンパ液をもどしやすくして、むくみを予防します!

○身体を冷やさない

→カラダが冷えると血行が悪くなるのでなるべく冷やさないようにしましょう!
















TwitterやInstagramも是非フォローしてください😁

Twitterはこちらから

Instagramはこちらから

3回の閲覧