• アライフィットネス

「冷え性にお悩みの方必見ですよ!」

○まず冷え性の症状について

→人によって冷えは様々です。軽度の冷え性は「冷えを感じる程度」

中度になってくる箇所がこわばり始める

重度は痺れを感じるようになる

冷えは血流の流れが悪くなるために起こるので、便秘や下痢、肌荒れ、くすみ、頭痛、腰痛、じんましん、トイレが近いなどの症状を誘発することにもなります。

○なぜ冷え性が起こるのか??

①筋肉量が少ない

→筋肉は、熱産生器官でさらに、筋肉が伸縮することでポンプのように血液を送り出すので、体のすみずみまで血液を循環させて体を温めます。


女性はもともと男性に比べて筋肉量が少ないため、作り出される熱量が少ない上に、ポンプの力が弱いため、体が冷えやすいということになります。体の末端まで血液が行きにくいので、特に、手足が冷えやすくなるのです。

②ホルモンバランスが乱れやすい

→女性は、男性にはない月経、出産、閉経がありホルモンのバランスが乱れやすい傾向にあります。ホルモンバランスが乱れると、体温調整をしている自律神経が影響を受けて、血液の循環が悪くなり冷え性になりやすいのです。

人によって感じ方はさまざまですが、「生理中は体が冷えやすい」「冷えにより生理痛がひどくなる」という方もいます。また、女性ホルモンの量がぐんと減る更年期には、冷えがひどくなるという方が多くなります。

③ストレスの影響

→夏や冬には、室内と外気温の差が極端に激しくて、それも体のストレスになる

ストレスを感じると、誰でも自律神経のバランスを崩しやすくなります。自律神経は、リラックス状態で優位になる「副交感神経」と、緊張状態で優位となる「交感神経」の2つがバランスを保って、体の機能を調節しています。

ストレス過多の状態が続くと「交感神経」優位の状態が長くなり、体は緊張しっぱなし。末梢血管も収縮を続けて血行不良になり冷え性になってしまう

④生活習慣の乱れ

→体温は、昼夜逆転の生活朝食抜き、食事の時間がバラバラなど、生活習慣の乱れによって低下している

乱れた生活習慣は自律神経のバランスを乱し、体温調節機能が乱れて冷え性になる

薄着も冷え性の原因になります!

冷え性の改善策

冷たい飲み物を控えるようにする寝起きなどに白湯を飲むがおすすめです!

熱を産生するタンパク質や良い脂質を摂るようにする!

階段を積極的に利用する

筋肉をつける→トレーニングをする

入浴でカラダを温めるようにする
















TwitterやInstagramも是非フォローしてください😁

Twitterはこちらから

Instagramはこちらから

0回の閲覧